ビージーズのこれを見ると思うことがある & 可燃性映画フィルム

 

 

 1.どんな声帯をしているのだろうか?。

 2.フィルムライクと言う単語があるが、映写機2台(方式が異なるので)

 処分しなきゃよかった。

3.火災が多かったので不燃性フィルムは1910年代から開発が試みられ

 家庭向けフィルムには早々と実用化されたが、劇場用の一般映画に使わ

 れたのは1950年代のことだった(ネットより)。

4.小学校高学年の頃、教師に可愛がられ講堂での映写会(16ミリ)の上映係だった。

 

では、映画の中で可燃性フィルムを扱った作品をご紹介したい。

イングロリアス・バスターズ」(2009)

字幕の下の表示は無視願います(BD盤の一時停止で、表示が出てしまうのです)。

f:id:motolovelyboy:20160405120537j:plain

f:id:motolovelyboy:20160405120832j:plain

↑セリフではなく、解説です。当時とは第二次大戦中。

f:id:motolovelyboy:20160405121052j:plain

↑セリフではなく、解説です。

f:id:motolovelyboy:20160405121145j:plain

↑セリフではなく、解説です。

f:id:motolovelyboy:20160405121231j:plain

f:id:motolovelyboy:20160405121318j:plain

f:id:motolovelyboy:20160405121412j:plain

↑セリフではなく、解説です。

f:id:motolovelyboy:20160405121504j:plain

↓映写技師は火のついたタバコをスクリーンの裏に山積みされた可燃性フィルムに投げ入れる。

f:id:motolovelyboy:20160405124429j:plain

f:id:motolovelyboy:20160405124510j:plain

f:id:motolovelyboy:20160405124601j:plain

 


ブラピ、完全にクリストフ・ヴァルツに喰われっぱなし。

ネット記事より「クリストフ・ヴァルツの演技は秀逸。ブラピも彼の前では単なるイケメンのアンチャンである」

 

参考:フィルムを隣の町の映画館に「自転車」で運ぶ旧ブログの記事は

オリヲン座からの招待状 (2007)

 

f:id:motolovelyboy:20150403135808j:plain

泣けるぞ~。

デジタル上映を見ている今の人は、当時の上映状況を知ってびっくりするのでは、、。

隣町の映画館にフィルムを届けにチャリをこいで行くのですから、、。


 

映画館火災の双璧は言うまでもなく「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989)

僕は「完全版」は観てない。観た人にきくとかなり「過激な」シーンガあるようで、失望したようだ。

 

追記  2016/05/27   11:10

読者よりメールを頂戴しました。

この戦争ドラマは、緊迫感があり、スクリーンに釘づけ!となってしまいました。爆

特にナチス将校、ハンス・ランダ役を演じたクリストフ・ワルツは見事だった!

 

それにしても、次々と泉が湧くような無尽蔵?な話題ばかり・・・、恐れ入りますナ。

 

戦争体験ゼロの特殊部隊を描いた「ミケランジェロ・プロジェクト」(2014)

ナチスが奪った美術品を奪回する痛快もの)

 

イーストウッド監督30作目の実話の映画化「インヴィクタス」(2009)

マンデラ大統領と南アフリカ共和国の代表ラグビーチームがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を描いた人間ドラマ)

 

それに三ツ星レストランの舞台裏」を描いた「シェフ!」(2012)フランス/スペイン

 

など、もしご覧になっていなかったらですが・・・、おすすめです。

 

 

広告を非表示にする