読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖炉 その1 / チューズデイ・ウェルド

今年は使わなかった。あくまでインテリア。

本物っぽく、炎がゆらゆらパチパチと音を立てて温風を噴き出すが、電気式だから4畳半程度までかな。雰囲気はなかなか良い。

f:id:lovemetender4949tan:20160424174642j:plain

 

建築基準法が日本と異なるからアメリカ映画では暖炉のシーンが多い。

 

過去にワケアリをやらせたら抜群に上手い「火曜日ちゃん」、つまり

チューズデイ・ウェルド(Tuesday Weld 1943~) の、邦題は工夫のない「青春の旅情」(1961 原題は Return to Peyton place))を思い出す。

BFにベストセラーを読んで聞かせてもらっていたら何と「私の昔の出来事」が書かれている、、、、!!ぎょっ!。

f:id:lovemetender4949tan:20160424180521j:plain

 

「青春の旅情」(1961)は大昔に日本でもTVで放映されてヒットした「ペイトンプレイス物語」の映画版「青春物語」(1957)の別バージョン。

「青春物語」のリメイクと言う人がいるが間違い。別物。

参考に1957版です。偉大なりしフランツ・ワックスマン!。

 

「青春の旅情」のロイドさんの詳細解説は

Return Peyton Place

 

オープニングで歌うは、ジョージ・クルーニーのおばにあたるローズマリー・クルーニーの「The Wonderful Season of Love」。

好きなフランツ・ワックスマンのスコアが全編にわたり魅了する。 

f:id:lovemetender4949tan:20160424213303j:plain

f:id:lovemetender4949tan:20160424213601j:plain

 

では火曜日ちゃんの劇中の画像を何枚か。

f:id:lovemetender4949tan:20160424213019j:plain

ねー、エンジンかからないよ~

 

f:id:lovemetender4949tan:20160424213106j:plain

彼とはもう関係ないんです

 

f:id:lovemetender4949tan:20160424213142j:plain

事実は事実。もはや恥じる事はないのです

 

それはそうと、昔のFOXには良質な文芸作品が少なくなく、パラマウント

MGMとはちょっと違う路線だったけど、今は、、。

 

チューズデイ・ウェルドは超美人と言うわけでなく普通のオンナノコだが、陽をやらせても素晴らしいし、陰をやらせてもなかなか奥深く演ずる女優。かのサイコ男?パーキンスを喰ったり、才能があるのにギャラでもめてからは出番が少なく、ハリウッドの大失敗の一つと思う僕であります。

 そんな彼女のコミカル面を見事に捉えたYouTubeがコレ。個人的には身震いしてしまう。

火曜日ちゃん、上手い!!。けどアクセスが3000行かないとは、、、。

 

☟デビューの子役時代がコレ☟、ヒッチコック

「間違えられた男」(1956)、右の少女です。

f:id:lovemetender4949tan:20160425002505j:plain

 

残念ながら我が国で「青春の旅情」のDVD化はなさそうです。

☟僕が持っているのは北米版です。きれいです。

f:id:lovemetender4949tan:20160424235014j:plain

 

広告を非表示にする